カテゴリ:2年生

2年生が身体計測を行いました。

 2年生が身体計測を行いました。身長、体重を計測し、視力、聴力を検査しました。去年は、とっても幼かったこの学年も、2年生になりちょっぴりお兄さん、お姉さんの自覚が芽生えてきました。特に、女子は見違えるように立派な態度で待つことができ感心しました。2年生にも、すくすくと健康に育ってほしいです。

2年生がウサギの世話を始めました。

 来年度に向けて、2年生が4年生のお兄さん、お姉さんに教えてもらいながら、ウサギの世話を始めました。本校のウサギ小屋では、7羽のウサギを飼育しています。ウサギ小屋のごみの処理やえさ、水やりを手際よくこなしていきます。ウサギを触ることも忘れません。ウサギ以上にかわいい2年生が大活躍でした。

2年生が自分の成長を1年生に発表しました。

 2年生が、自分が成長したことや2年生になってできるようになったことを、「キラキラ新聞」を作成して、一人一人が1年生に語りかけていました。友達が増えたこと、お手伝いができるようになったことなどを、堂々と発表する姿を見ていると、2年生一人一人の成長が実感でき、目頭が熱くなってきました。1年生の前で堂々と語れたことは、大きな自信へとつながり、自分の成長に気づき、大きな拍手をしてもらい、1年生みんなに認められたことは、自己肯定感や自己有用感の獲得につながったことと思います。2年生、3年生に進級する心構えができたようです。

2年生が本の読み聞かせをしていただきました。

 毎週、火曜日と水曜日は学校図書館支援員の先生が来校され、本の読み聞かせやビブリオバトル、ブックトークなどをしてくださいます。本日、1時間目に図書室をのぞいてみると、2年松組が本の読み聞かせをしていただいていました。「一粒のお米」というインドのお話で、大変興味深いものでした。王様に貢献した娘が、褒美に30日間倍々のお米をいただく約束をするというものです。王様は、深く考えることもなく承諾します。1日目は、1粒、2日目は2粒。3日目は4粒ですが、10日目には2の9乗粒(=512粒)、20日目には2の19乗粒(=52万4288粒)、最終日である30日目には、なんと2の29乗粒(=5億3687万0912粒)、合計で10億粒以上のお米をいただくというお話でした。九九を習った2年生ですが、あまりの数の大きさに驚きを隠せない表情をしていました。(2年生の九九では5日目の8×2が限界ですが・・・)

 

 

我が校の自慢の児童

 わが校の自慢の児童を紹介します。この写真の男児は2年生です。縄跳びが得意で、いつも休み時間になると縄跳びを飛んでいます。昨日、軽々と二重跳びを跳ぶので、何気に回数を数えてみると、なんと80回も跳んだのです。「すごい!!」と目が点になりました。