カテゴリ:6年生

ハート何でも相談員の活動について紹介します。

 保護者の皆様には、先日、児童を通じまして紙媒体でも紹介いたしましたが、本校では、今年度より、「ハート何でも相談員」の教育相談活動を行っています。カウンセリングを得意とされている相談員の先生が、年間35日(1日4時間)来校してくださり、児童や保護者、教職員の悩み等の相談に乗ってくださいます。本日から、6年生が、人間関係作りを行い始めました。こうして、人間関係ができれば、いつでも相談に行けるようになると考えます。保護者の皆様も、ぜひ気軽に利用されてみてはいかがでしょうか?心配事の解消につながることと思います。詳しくは、プリントを参照していただけたらと思います。

 

 

児童会役員が今年度初めての挨拶運動を行いました。

 児童会役員が今年度初めての挨拶運動を行いました。これは、毎週木曜日に、大生院中学校と連携して行っている活動です。本校には児童会役員が6名いますが、4名が新田橋付近で、2名が正門で、登校してくる児童たちに元気のよい挨拶を送っていました。今年も挨拶日本一の学校・地域を目指して、児童会役員さん達へ寄せる期待は大です。今朝も、児童たちは、地域の方々や保護者の皆様に見守られ安全に登校することができました。ありがとうございます。

新居浜市での聖火リレーを全校児童で視聴しました。

 本日、新居浜市で東京2020オリンピック・パラリンピック開催に向けた、聖火リレーが行われました。JR新居浜駅前から新居浜市役所まで聖火がリレーされました。6年生が見ている教室に行ってみると、正規の一瞬を見逃すまいと児童たちは真剣な表情で視聴していました。第一走者が走り出した瞬間や、聖火がリレーされるたびに拍手を送って応援していました。

卒業証書授与式を挙行いたしました。

 校庭の桜が咲き誇る中、大勢のご来賓の方々や保護者に見守られながら、伝統ある大生院小学校卒業証書授与式を挙行いたしました。荘厳な雰囲気の中、卒業生たちは凛とした姿勢で、卒業証書授与式に臨みました。卒業証書を受け取る前に、卒業生一人一人が、将来の目標を力強く語ってくれました。とてもたのもしかったです。1時間余りの式でしたが、座っているときの頭の位置が微動だもしない姿勢に驚きました。式辞を述べているとき、顔を上げると、卒業生の視線といくつもぶつかるのです。こんなにも真剣に聞いてくれているのかと、感動を覚えました。卒業後も、成長を続け、大きく羽ばたいてくれることを祈っています。式終了後、各教室で担任との別れをすませ、5年生と教職員に見守られなが、巣立っていきました。最後に、卒業生全員で、教職員と保護者に対して、お礼の歌を歌ってくれたのが心にしみました。

  

卒業生の保護者の皆様へ(お知らせ)

本日は、お子様のご卒業、誠におめでとうございました。本日の、卒業式の様子をケーブルテレビで放送されます。

3月24日(水)18:00らか1時間おきに23:00まで、6回(2分程度に編集されたもの)11チャンネルです。

4月16日(金)の16:00から、701コミュニケーションチャンネルで大々的に放送される予定です。その後も何度か放映されるそうです。

感謝の気持ちを伝えようプロジェクト第3弾(6年生)

 卒業を前日に控えた6年生の、感謝の気持ちを伝えようプロジェクト第3弾が実施されました。第3弾は、登校時の見守り活動を続けてくださっている地域の方々と、学校協働活動でお世話になっている公民館の方々に、心を込めて書いたメッセージを届けに行きました。みなさん大変喜んでくださいました。6年生が実施してくれた、「感謝の気持ちを伝えようプロジェクト」はほんとうにありがたかったです。6年生、いや卒業生の皆さんありがとう!!!