6年生が租税教室を行いました。

 6年生が租税教室を行いました。東予地方局の税務管理課から3名の講師の先生が来校してくださり、小学生にもわかりやすく税の仕組みや大切さを教えてくださいました。もし税を納めなくてよい世界になったら、火事が起こった際は有料、道路も整備されず、救急車も有料と大変なことになってしまいます。税金は、みんなで社会を支えるための「会費」であるということが理解できました。やや難しい税金の話でしたが、模擬1億円の束を見せていただいたときは、6年生みんな大興奮でした。3名の講師の先生方、どうもありがとうございました。