大生院小学校日記

1年生が学校探検を行いました。

 本日、2校時に、2年竹組の児童に導かれ、1年竹組の児童が、3校時には、2年松組の児童に導かれ、1年松組の児童が、それぞれ学校探検を行いました。2年生は、学校のどこにどの教室があるかよく理解できており、1年生を優しくエスコートしていました。「校長室に入るときは、失礼します。1年〇組の〇〇です。入ってもいいですか?と言います。」などと、教える姿に、ほほえましくも頼もしさを感じました。校長室に来校した1年生は、歴代校長先生の写真や、シュレッダーなどに興味をもち、様々な質問をしてくれました。1年生の皆さん、今日の学校探検で、学校の配置が理解できたでしょうか? 2年生の皆さん、ご苦労様でした。ありがとうね。

【1年竹組と2年竹組の児童たちです】

【1年松組と2年松組の児童たちです】

1・2年生が野菜の植え付け体験学習を行いました。

 本日、朝早くから 、畑の先生が大勢来校してくださり、1・2年生に、キュウリやミニトマトの苗及びサツマイモのつるの植え方をご指導してくださいました。ミニポッドからの苗の取り出し方や、つるは葉っぱ4枚目までを植えることなど、結構難しい指示があったにもかかわらず、1・2年生は手際よくこなしていきました。最後に水やりを行いましたが、2年生が、「自分たちの畑の水やりが終わっやから、1年生の畑の水やりもしてあげよう」と、1年生を助ける姿を見て、頼もしく感じました。児童たちが、豊かな体験活動を実施できるのも、地域の方々のおかげです。ありがとうございます。

ハート何でも相談員の活動について紹介します。

 保護者の皆様には、先日、児童を通じまして紙媒体でも紹介いたしましたが、本校では、今年度より、「ハート何でも相談員」の教育相談活動を行っています。カウンセリングを得意とされている相談員の先生が、年間35日(1日4時間)来校してくださり、児童や保護者、教職員の悩み等の相談に乗ってくださいます。本日から、6年生が、人間関係作りを行い始めました。こうして、人間関係ができれば、いつでも相談に行けるようになると考えます。保護者の皆様も、ぜひ気軽に利用されてみてはいかがでしょうか?心配事の解消につながることと思います。詳しくは、プリントを参照していただけたらと思います。

 

 

4年生、うさぎの飼育頑張っています。

 本校では、7羽のウサギを飼育しており、3・4年生が飼育当番を頑張っています。今日は、4年竹組の当番日でした。丁寧に掃除をし、水を替えキャベツなどのえさをたっぷりと入れていました。「きれいにしてくれてありがとう」と言うと、「ウサギの飼育当番は楽しいから毎日でもしたいです」という返事が返ってきました。なんとも心優しい児童たちです。現在、7羽いるウサギのうち、名前が付いているのは1羽のみです。「シルク」といいます。そこで、残り6羽のウサギ名前を児童たちが考えています。名前が付けば、愛着も高まるものと思います。どんな名前が付くか楽しみです。

夏野菜とサツマイモを植える準備が整いました。

 放課後、畑の先生(地域の篤農か家の方々)が大勢来校してくださり、先生方がお手伝いして、菌ちゃん畑を耕やしました。これは、1・2年生の豊かな体験活動の一環で、夏野菜(きゅうりとミニトマト)とサツマイモを植えるための準備です。準備は万端整いました。1・2年生の皆さん、明後日は頑張って夏野菜とサツマイモを植えましょう。