大生院小学校日記

令和2年度渦井川標語の看板が完成しました。

 令和2年度の渦井川標語の看板が完成し、夢遊友うずいの方々が渦井川沿いのフェンスに設置してくださいました。学年代表の児童たちにとって、長くその栄誉が語り継がれます。感性豊かな標語ばかりです。保護者の皆様、地域の皆様、機会があれば是非ご覧ください。

5年生がメディアの勉強をしていました。

 5年生が国語科で、メディアの勉強をしていました。班で協力して、メディアの種類を次々にワークシートにまとめていきます。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネット等です。児童から、「先生、インターネットって正しくない情報もあるんだよね。」などという質問を受けました。正しい情報、必要な情報を見抜く力、メディアリテラシーを身に付けてほしいと思います。

6年生が初めてタブレットを操作しました。

 来年度から小中学校で本格的に始まる、一人一台PC端末時代の到来に向け、6年生が授業で初めてタブレットを操作しました。中学生になると、これとはちょっと違うPC端末が貸与されるそうです。児童たちは、興味津々で電源を入れたり切ったり、カメラ機能などのアプリを操作していました。「僕パスワードなんにしようかな?」などというつぶやきが聞こえてきました。のこのPC端末を使うことで、授業スタイルが革新的に変化することと思います。個別最適化され、誰一人取り残されない公正な授業を展開していかなければなりません。

本の読み聞かせを行っていました。

 本日、図書館支援員の先生が来校てくださり、児童たちに図書の読み聞かせをしてくださいました。その中で、2年生と3年生の活動を紹介します。2年生は、擬声語のことをまとめた本を読んでいただいて、実際身振り手振りでそれを表現し、他の児童に当ててもらうという、ジェスチャーゲームを行っていました。3年生は、海にすむ生物のお話をしてもらっていました。どちらの学年も大変楽しそうだったのが、印象的でした。

【2年生の学習の様子】

【3年生の学習の様子】

5・6年生の外国語の授業の様子を紹介します。

 本日は、外国語指導員の先生が来校してくださり、学級担任と協力して授業を進めてくれました。授業は、5年生も6年生も同じ内容をしていました。曜日や月、天気などを答えていくのですが、Tuesday(火曜日)やFebruary(2月)をいとも簡単に、発音も流ちょうに答える姿に驚き、つい授業に飛び入りで参加して、単語のスペルを書けるか尋ねてみると、5年生はやや難しいものの、6年生は3分の1くらいの児童が、スペルを答えたのには、またまた驚きでした。ちなみに、「土曜日は?」と尋ねると、Saturday、「木曜日は?」  Thursdayと、ほとんどの児童が同時にこたえてくれました。スペルも全員で協力して正解を導くことができました。外国語で最も難しいと思われる「書く力」が、備わってきていることが確認できました。なにより、電子黒板を有効活用して、児童が生き生きと活動しているのがすばらしいと感じました。

【5年生の授業の様子】

【6年生の授業の様子】